NPO法人設立時の費用とメンバー集めの話し

(このエントリーは、以前別サイトに掲載していた2つのエントリーを統合して、再編集したものです)

まずNPO法人設立時の費用の話しです。

NPO法人の設立では、株式会社等とは違い、設立認証手数料と登録免許税が不要です。また、定款を紙で作っても印紙代は不要です。

法人代表者である理事長の印章作成に費用が発生するのは、株式会社など他の形態の法人と共通です。印章は激安店で6千円くらいから、一般的には2~3万円ではないかと思います。

他にも、意外なところに費用がかかります。

  • コピー代(紙代)・・・NPO法人の設立には賛同者が10人以上必要です。この10人以上の賛同者に向けて、設立総会の招集通知を送付するのですが、この印刷物が結構な量になりますので、コピー代(紙代)が意外とかかります。
  • 郵便代・・・同じく10人以上の賛同者に向けての、設立総会招集通知と出欠連絡のための郵便代金です。
  • 住民票代・・・役員になっていただく方の分です。最少の場合でも、4人分です。

NPO法人は賛同者を10人以上募る必要があります。人数が多いので、金額が嵩むわけです。

さて、NPO法人設立の費用には、大きな落とし穴があります。

それは、時間と労力そして交通費です。

千葉県の場合は、NPO法人の設立のための正式な書類を提出する前に、県庁に「事前相談」に行くことになっています。

書類に不備があるのに、いきなり正式なものとして書類を提出すると、NPO法人設立が不認証になってしまうので、「事前相談」に行くわけです。

この「事前相談」は、人によっては7~8回通う場合もあるそうです。交通費を使って何度も県庁に通い、時間と労力を使って何度も書類を修正しているのだろうと思います。

そういえば、私もクライアントのために県庁に事前相談の予約をした時に、県庁の職員の方から「何回目の相談ですか?」と聞かれた記憶があります。

次にNPO法人設立時のメンバー集めについてです。

前出の通り、賛同者を10人以上集める必要があります。

もともと10人以上が集まっている任意団体がNPO法人を設立する場合は問題になりにくいと思うのですが、有志に声をかけるところから始めると苦労する場合があるようです。

人数不足で苦労するのは容易に想像できると思いますが、意外にもメンバー候補が多い場合に「Aさんには声がかかったのに、Bさんには声がかからなかった」というような問題を起こさないための調整が発生したこともあります。

NPO法人では、社員の他にも、理事や監事という役員を誰に引き受けてもらうかという問題があります。法令で役員の中に含めることのできる親族の人数が制限されているので、人選で苦労する場合があります。実際に役員がなかなか決まらず、いつまでも設立総会を開催できなかった経験もあります。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。