公正証書遺言作成の当日の進行

遺言公正証書(一般に公正証書遺言と言われている)を作成する場合、事前に文案を確定しておき、作成当日に遺言者本人が公証役場に出向きます。

さて、その当日の公証役場での進行が気になる方がいらっしゃるようなので、ご紹介します。

なお、2件紹介しますが、2件とも事前に戸籍謄本や印鑑証明書を提出済であり、文案も確定させてあります。また、公証役場に証人2名を用意していただいています。

A公証役場の場合

  1. 約束の時間の少し前に公証役場に到着して、受付のソファーで待ちます。
  2. ほぼ同時に証人2名も到着します。
  3. 公証役場の職員の方が、遺言者本人に証人を引き合わせてくれます。
  4. 時間になると、遺言者本人と証人2名が公証人のデスクに呼ばれます。デスクを公証人、遺言者本人、証人2名が囲みます。
  5. 公証人から問いかけられて、遺言者本人が、氏名・生年月日・住所を言います。
  6. 公証人から問いかけられて、遺言者本人が、遺言の主旨を言います。
  7. 公証人が、文案を一字一句読み上げます。
  8. 公証人から問いかけられて、遺言者本人が文案の内容に「間違いありません」と言います。
  9. 公証人の指示で、遺言者本人が遺言公正証書の原本に署名(氏名のみ)し、実印を押印します。
  10. 証人2名が遺言公正証書の原本に署名し、認印を押印します。
  11. 公証人から「遺言は考えが変われば作り直せる」「遺言の効力発生は死後だから、それまでは財産を自由に処分できる」などと説明を受けます。
  12. 遺言者本人と証人2名が受付に戻されます。
  13. 遺言本人から証人2名に、報酬(礼金)を支払います。ここで、証人2名は帰ります。
  14. 公証役場の職員の方から、遺言者本人に遺言公正証書の正本と謄本が交付されます。また、遺言者本人は公証役場の手数料を支払います。
  15. 以上で終了で、所要時間15分です。

B公証役場の場合

  1. 約束の時間の少し前に公証役場に到着して、受付のソファーで待ちます。
  2. ほぼ同時に証人2名も到着します。
  3. 公証人によって、遺言者本人のみが面談ブースに呼ばれます。
  4. 公証人から遺言者本人に、「遺言公正証書は原本・正本・謄本の3種類があり、原本に公証人・遺言者本人・証人2名が署名押印を行い、原本は遺言者本人の印鑑証明書と共に公証役場に保管され、正本と謄本が遺言者本人に交付される」旨の説明をします。
  5. 公証人が面談ブースに証人2名を呼びます。これで面談ブースには、公証人・遺言者本人・証人2名が揃います。
  6. 公証人から問いかけられて、遺言者本人が、指名・生年月日・住所を言います。
  7. 公証人が、文案を一字一句読み上げます。
  8. 公証人から問いかけられて、遺言者本人が文案の内容に「間違いありません」と言います。
  9. 公証人の指示で、遺言者本人が遺言公正証書の原本に署名(氏名のみ)し、実印を押印します。
  10. 証人2名が遺言公正証書の原本に署名し、認印を押印します。
  11. 公証役場が事前立替で用意してくれた証人宛の報酬(礼金)を遺言者から証人に手渡します。ここで、証人は帰ります。
  12. 遺言者本人が公証役場に、公証人手数料と前項の立替金を支払います。
  13. 公証人から、遺言者本人に遺言公正証書の正本と謄本が交付されます。
  14. 以上で終了で、所要時間20分です。

まとめ
公証役場によって、進行は少し違う部分もあるようですが、A公証役場でも、B公証役場でも以下の3つは共通です。

  • 遺言者本人が氏名・生年月日・住所を言うこと。
  • 公証人が文案を一字一句読み上げるので、遺言者本人が「(その内容に)間違いない」と言うこと。
  • 遺言者本人が署名し、実印を押印すること。

なお、今回ご紹介したケースは、遺言者本人が心身ともに健康な方でした。心身が健康でない方の場合は、どのような進行になるのか筆者には分かりません。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。