離婚協議書のはなし(その1)

弊事務所には、離婚協議書の案件がしばしば持ち込まれます。
今回のエントリーでは、行政書士と離婚協議書の関わりをご紹介します。

行政書士は、離婚する当事者の協議の内容を聴いて、その内容を文書化するのが仕事です。
弁護士さんと違って行政書士は妻または夫のどちらか一方の立場を代理することはできません。

例えば。

妻が一人で弊事務所にお越しになり「財産分与がこれだけしかないんです。これって少ないですよね?」とおっしゃられても、「ほんと。少ないですね。」とか「もっと取れますよ。」とはお答えできません。財産分与の額は、結婚後に二人で築いた財産の二分の一ですという一般論を述べさせていただいております。

養育費についても、裁判所が作成した養育費の目安の表をご覧になっていただいています。

現実に「もっと取ってやる」と息巻いていた方がいらっしゃいました。

しかし、冒頭で述べた通り、行政書士事務所は当事者の協議の内容を文書化する場所ですので、できれば当事者全員で協議の内容を淡々をお話いいただきたいと思います。

当事者が協議した内容をお伝えいただければ、行政書士は、文章を整序し、契約書の形式にて文書を作成いたします。

蛇足ですが、離婚協議の内容は、離婚給付契約です。契約だから契約書の形式にする訳です。

話しは変わります。
行政書士と離婚協議書の関わりで、特に分かりにくいのが、公正証書の離婚協議書であろうと思います。

離婚協議書の文案(または協議内容のメモ)を作成し、公証役場に持って行くと公証人が離婚協議書の公正証書を作成してくれます。
分かりにくいのは、公証人が公正証書の離婚協議書を作ってくれるのだから、行政書士は関与する場面がないのでは?という点であろうと思います。

実は、この文案作成と公証役場の手配をを行政書士に依頼することで手続きをスムーズに進めることができます。

弊事務所のお客さまで、ご夫婦で文案も何も持たずに公証役場に行ったら、まず行政書士のところへ行くように言われたという方がいらっしゃったこともあります。

このケースでは、弊事務所は、ご夫婦から協議の内容をヒアリングし、離婚にまつわる諸手続きをご案内しつつ、文案を作成して公証役場に取り次ぎをさせていただきました。

なお、離婚にまつわる諸手続きのご案内というのは、戸籍の話しであったり、離婚後の子どもの氏の話しであったり、多岐に渡ります。抜け漏れや誤解などは、適切に助言いたします。

まとめますが、行政書士と離婚協議書の関わりは、当事者の協議の内容を聴いて、その内容を文書化するところにあります。公正証書の離婚協議書の場合は、最終的な文書化は公証人が行いますが、その前段で行政書士が文案を作成することができます。また、お客さまに抜け漏れや誤解などがある場合には、適切に助言を行い、スムースな手続きに貢献しています。(次回エントリーに続く)

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。