思い込みは失敗のもと、という話し(消防法)

ちょうどゴールデンウィークなので、お気楽な話題を書いてみようと思います。失敗談といえば、失敗談です。実害は出していませんので、ご安心を。

弊所は行政書士事務所としては、比較的消防法令等に強い事務所ではないかと思います。
お客様の建物の中で消防設備を観察することもありますし、消防署で手続きをすることもあります。
事務所の本棚には、こんな本があったりもします。
消防関係の書籍

そんな中で思い込みによる誤った理解をしていた条文がありました。

消防法第11条
製造所、貯蔵所又は取扱所を設置しようとする者は、(中略)許可を受けなければならない。(後略)

さて、ここで言っている「許可」は、何時受けるべき許可でしょうか?

この条文を正しく知っている方や知らなくても日本語を正確に理解できる方は、何のことやら不思議に思われるかもしれません。

でも、弊所は間違えました。
製造所、貯蔵所又は取扱所(以下「製造所等)と記します)を設置し、使えるようになってから、使うことの可否について「許可を受ける」ものだと思っていました。

たとえば、飲食店の営業許可なら、飲食店の施設を用意して、その施設を検査してもらって、許可を受けます。
この流れが染み付いていますので、製造所等でも設置した後に許可を受けるものだと思い込んだ訳です。

その後、「完成検査」「完成検査前検査」「仮使用」などの言葉から、前後関係が何やらオカシイと気付き、正しい理解に至りました。

日本語もよく読めば「設置しようとする者は」と書いてあるので、設置しようとした時点で許可を受けなければならないと、最初から正しく理解できたはずなのでした。

全ては思い込みが原因であり、恐ろしいことです。

一応、正しい流れを記します。

  1. 製造所等の設置工事を計画する
  2. 許可申請し、許可を受ける
  3. 設置工事に着手する
  4. 必要な場合は、完成検査前検査を申請し、完成検査前検査を受ける
  5. 工事が終了する
  6. 完成検査を申請する
  7. 完成検査を受ける(完成検査済証の交付を受ける)
  8. 製造所等の使用を開始する

製造所等を設置しようとする場合の許可の申請先は、消防署ではなくて、市町村長(消防が設置されていない市町村では、都道府県知事)です。

最後に蛇足的ではありますが、前掲の写真の「消防・建築法規のドッキング講座」という本は、なかなか面白いです。
消防法規と建築法規の関係性が分かります。
行政書士として許認可モノの業務でお客様の建物を見る時や消防職員の方と話しをする時などに、読んでおくと助かるかもしれない一冊です。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。