不動産登記事項証明書が先か公図が先か、という話し|道路占用許可・道路使用許可の宣伝付き

行政書士として許認可業務を行っていると、その許認可業務に関連して、土地の所有者を調べる場面があります。
普通は、登記所に行ってブルーマップを見て地番を特定し、土地の登記事項証明書の交付を受けて、所有者を調べます。
別の方法では、大きい図書館ではブルーマップを置いてある場合があり、図書館で地番を特定し、法務省のシステムで登記事項証明書をネット申請する場合もあります。
今まで、これらの方法で土地の所有者を調べていて、何も問題はありませんでした。今までは…… 

今回の問題は、登記事項証明書に広大な土地(更地)を分筆した旨の記載を見つけたときに気付きました。
所有者を調べたかった土地は極僅かな面積だったのですが、登記所でブルーマップを見たときは、この僅かな面積の土地は広大な土地の一部として一筆でブルーマップに記載されており、そこに記載されていた地番を信じて登記事項証明書の交付を受けました。

しかし、登記事項証明書には分筆により新しい地番が振り出された旨が記載されており、所有者を調べたい僅かな面積の部分がブルーマップの地番の通りであるとは言えなくなりました。
こうなったら、公図の交付を受け、分筆された土地の位置関係と新しい地番を確認し、新しい地番が付与されていた場合には、登記事項証明書も取得し直さなければなりません。
今回は直ぐに公図を取得し、お目当ての土地の位置と地番を確認して、結果として土地の所有者を調べることができました。

教訓です。広大な更地を見たら分筆を疑え、です。
公図を見てから、登記事項証明書を取得しないと、登記事項証明書の再取得が発生します。しかし、分筆が起きていなければ公図は無駄になってしまいます。分筆が起きているか否かを予め知る方法はありません(たぶん)。
このジレンマが、この投稿のタイトル「不動産登記事項証明書が先か公図が先か」になりました。

蛇足ですが、二筆の土地に跨って一棟の建物が建ってケースを思い出しました。頻繁ではありませんが、今回の分筆問題も含めて、時に面白い事案に遭遇することがあります。

最後になりますが、行政書士の許認可業務のどこに土地の所有者調査が出てくるのかと言えば、今回は道路占用許可に関する業務でした。占用しようとする道路の一部が私道であることが分かり、私道の所有者に連絡を取るために、その私道の所有者を調べたという経緯です。

宣伝です。弊所は、道路占用許可・道路使用許可の申請手続きを取扱っていますので、どうぞご利用ください。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。