産業廃棄物収集運搬業の許可更新|2019年更新講習会と許可更新申請の時期

産業廃棄物収集運搬業の許可をお持ちの方はご記憶にあると思いますが、この許可を取得するために、講習会を受講なさったと思います。許可を更新するにあたっても、更新講習会の受講が必要です。

この更新講習会の2019年度の開催日程が発表になっています。千葉県での講習会の開催日程は、以下の通りです。

  • 2019年4月24日(水)千葉県教育会館
  • 2019年5月21日(火)千葉県自治会館
  • 2019年7月12日(金)千葉県自治会館
  • 2019年9月19日(木)千葉県自治会館
  • 2019年11月29日(金)千葉県自治会館
  • 2020年1月30日(木)千葉県自治会館
  • 2020年3月19日(木)千葉県自治会館

申し込み先は、(一社)千葉県産業資源環境協会です。

皆さまのご記憶では(一社)千葉県産業廃棄物協会であると思いますが、平成30年に名称が変更になっています。また、所在地も移転していて、千葉市中央区中央3丁目になっていますので、窓口で申し込まれる方はご注意ください。

更新講習会の修了証の有効期限は2年です。現在有効な許可の有効期限を確認して、2年を切ったら、更新講習を受講することをご検討ください。

講習会は全国共通で、他県でも受講できますが、混雑等により千葉県でも他県でも受講できないことも有り得ますので、早め受講をお勧めします。

混乱のないよう記述しますが、この記事には2つの「有効期限」が出てきています。

  • 講習会の有効期限
  • 許可の有効期限

「許可の有効期限」は、この期限を過ぎたら許可切れで、その後は収集運搬業を営むことができません。「講習会の有効期限」は、更新講習の場合は2年間有効で、この2年以内に許可の更新をする必要があります。

================

もう一つ、許可の更新申請手続きを行う時期について触れておきます。

法令等の条文には、「許可の有効期間が満了する日の●日前から●日前までに申請してください」というような文言はありません。

千葉県の案内によると、「許可の有効期限の3か月前の月から申請の受付をしておりますので、許可の有効期限の日までに許可が得られるよう、余裕をもって申請してください」となっています。

千葉県の標準的な審査期間が60日なので、3か月前から2か月前までの間に許可の更新申請手続きを行えば、従前許可の有効期限の日までに更新の許可を得ることができることになります。

なお、許可の有効期限の日まで2か月を切ってしまうと許可の更新が受けられない、ということではありません。許可の有効期限の日までに許可の更新申請をすれば、間に合います。更新の許可を得る前に、許可の有効期限の日を過ぎてしまっても、更新の許可・不許可が決まる日までは従前の許可が有効ですので、業務を続けることができます。

そうは言っても、やはり余裕があることに越したことはありません。行政書士に許可の更新申請手続きをご依頼いただく場合は、許可の有効期限の4~5か月くらい前にご連絡いただくと、スムースに手続きが進みます。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。