動物取扱業登録の話し

動物を取り扱う事業を行うには、第一種動物取扱業の登録を受ける必要があります。根拠となる法律は、「動物の愛護及び管理に関する法律」(昭和48年法律第105号)です。どのような事業を行う場合にこの登録を受ける必要があるかは、行政のWEBページに例示があります。また、例示にないもので、私が思い付くものに猫カフェなどがあります。
(千葉県)https://www.pref.chiba.lg.jp/eishi/pet/doubutsu/animal-business.html

さて、この第一種動物取扱業の登録ですが、登録を受けるためにクリアしなければならない条件があります。条件をクリアしなければ登録を受けられないということは、実施的には許可を受けるのと同じ意味合いです。しかし、許可ではなく単なる登録なので、行政から「動物取扱業を行って宜しい」というお墨付きをもらっていることとは異なります。つまり、登録したことにより行政の監督下に入り、定められルールを守りながら責任ある事業運営を推進する立場に置かれることになると考えられます。

その登録のための条件ですが、以下の2つが主なキーワードになると思います。

  1. 動物取扱責任者
  2. 飼養施設

項1の動物取扱責任者については、半年以上の実務経験がある、1年以上の学校教育を受けて卒業した、資格を得ている、の3つうちのいずれかを満たしている必要があります。実務経験や学校卒業が難しい場合には、資格を得る道があります。取り扱うことできる動物が犬限定でよければ、1日のみの講習+試験で得られる資格もあるようです。全ての種類の動物を取り扱うことのできる資格もあります。自治体によって認めている資格が異なる場合があるようなので、それぞれの自治体にて確認が必要です。千葉県の場合は、以下のURLの通りです。https://www.pref.chiba.lg.jp/eishi/pet/doubutsu/documents/sekininshasikaku181204.pdf

項2の飼養施設については、備えるべき設備が定められています。その設備とは、ケージ等、照明設備、給水設備、排水設備、洗浄設備、消毒設備、廃棄物の集積設備、動物の死体の一時保管場所、餌の保管設備、清掃設備、空調設備、遮光等の設備、訓練場です。日中帯しか動物がいない施設では照明設備は不要、訓練を行わない施設では訓練場は不要などの場合がありますが、相応の設備が必要です。
また、飼養施設の構造にも規定があります。たとえば、ねずみ・はえ・蚊・ノミ等の侵入を防止できる構造であること、床・内壁・天井・附属設備は清掃が容易である等衛生状態の維持及び管理がしやすい構造であること、などです。

最後になりますが、第一種動物取扱業の登録を受けるために作成する書類は、それほど難しい書類ではありません。それでも登録のための条件を満たしているかどうか、法令等がどうなっているかなど、迷うことがある場合には是非弊所にご相談ください。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。