契約書を作成することの効用の話し

皆さんは、契約書を作成することの効用をどう思われますか?

小さな会社の社長さんが、取引先から契約書を取り交わすことを迫られ、弊所に相談にいらした時のことです。
社長さん曰く「契約書なんてコスト(時間・手間・お金)が発生するだけで、売上のプラスになりゃしない。プンプン(怒)」。

話しを聞いていくと、この契約書は役務提供の基本契約書で、年間の売上は数万円程度の見込みなのだそうです。
費用と効果の関係を考えれば、社長さんの怒りも理解できる気がします。
「コスト憎し」で怒っていますが、取引先との良好で円満な関係維持のため、大人な態度で相談は続きます。

さて、一般に言われていることですが、契約は口頭で成立し、契約書は口頭で交わした契約を書面に記録したものです。
商店で100円の商品を売るのに、商店と買い手の間で契約書を作成することは、さすがにないと思います。
その一方で、やはり「これは契約書が必要だろう」という契約はあります。

私見ではありますが、小規模な事業者さんは、売上・利益に直接の影響のある事業運営に注力していて、コストとなる契約書の作成には興味のない方が多いように思います。

契約書の作成に興味のない方に向けて、契約書を作成しておくことの効用を記します(一般的に言われていることに私の実感を交えています)。

  • 契約書という書面が残っていることにより、以下のようなことが防止できる。
    • 「言った。言わない。」
    • 後日の記憶違い
    • 少し変わったケースでは、スタンドプレー気味の営業担当者が退職してしまって、契約の詳細が経営者にも分からない。
  • 想定される揉め事がある場合には、契約書の案文を契約当事者の双方で確認しあう中で、どのように決着するか予め決めておくことになる。つまり、将来本当に揉め事の原因となる事象が発生してしまっても、ケンカ(=裁判沙汰)をせず、スマートに事態を収拾できる。
  • 契約書という書面が残ることにより、客観性が確保できる。客観性とは、裁判になったときに、裁判所が見るということです。私自身は裁判沙汰の経験はありませんが、某行政庁に私自身が当事者である契約書のコピーを提出して、客観性に助けられた経験があります。

このように、売上や利益に直結することはなくても、契約書はトラブルを防止し、皆さん自身を守る効用があります。

この記事をお読みいただいたのを機に、契約書を作成することに興味を持っていただけたら、と思います。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。