一人でIT会社を設立する方へ|定款作成代行の特別料金を設定しました

一人で出資し、一人で経営するIT会社を新規設立したい方に向けたエントリーです。

IT会社を新規設立しようとする社長さんに向けて、定款の作成代行業務に特別料金を設定します。

特別料金は、以下の通りです。いずれも定款作成のみの料金で、登記はお客様自身に実施していただきます(登記のための司法書士のご紹介は可能です)。

  • 株式会社の電子定款・・・税込48,400円(公証役場費用は別途お預かりします)
  • 合同会社の電子定款・・・税込28,000円

この特別料金の適用には、条件があります。

  • IT企業であること
  • 出資者と経営者が同一人物で、かつ一人であること

「IT企業であること」については、私のIT系の起業に興味があるからです。

「出資者と経営者が同一人物で、かつ一人であること」については、お一人様の場合に経済的負担を軽減して差し上げる意図です。

お申込みは、電話で面談日を予約してください。
弊所では社長になる方の面談を必須としております。
面談日の当日は、以下をご持参ください。

  • お客様個人の印鑑証明書
  • 運転免許証等の顔写真のある本人確認書類

一人でIT起業をするなら、定款については、ぜひ弊所をご利用ください。

以下は、補足です。

さほど頻繁ではないのですが、お客様の行おうとする事業が、法令等に抵触する可能性を含んでいる場合があります。事業の社会的意義は理解できるのですが、法令等に抵触しそうなケースが実際にありました。せっかくお客様が計画された事業に「NGかもしれません」と言うのは心苦しいのですが、会社設立後に不都合が起きないよう務めさせていただきます。なお、私では判断できないケースでは、弁護士や他の行政書士に相談に行っていただいています。

会社設立では、本人確認が必須です。対面によらない本人確認の方法もあるのですが、弊所では対面で本人確認を行います。

「定款は自分で作ったので、電子署名を低価格で付けてほしい」という注文が間々あります。弊所では承ることはありませんので、ご承知ください。

このエントリーをお読みになり、実際に弊所にご連絡いただけるのは、お客様自身にITの技術のある方だと思います。事業は、WEBサービスの構築運営、アプリ開発、マッチングサイトの企画構築運営などでしょうか。データ入力、データ解析、予測などかもしれません。IT導入や運用の支援事業などもありそうです。私自身がIT業の出身ですので、大抵のIT事業を理解できます。IT一人社長になろうとする方は、ぜひ弊所に定款をお任せください。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。