法令等の調査3点セットの話し|新規事業立ち上げの役に役立つかも・・・

1.私の利用する法令集

私は行政書士ですから、法令集は時々利用します。
メインで使用する法令集は、e-Gov法令検索です。

紙の本で判例付きの分厚い六法も持っていますが、ほぼ開くことはありません。この本は、憲法・民法・刑法・会社法などが中心で、私に必要な建設業法とか風俗営業法などといった「××業法」は、ほぼ掲載されていないからです。

そういった訳で、私のメインの法令集はe-Gov法令検索です。

ちなみに、風営法に関しては、紙の本で大成出版社の「風営適正化法法令基準集」がお気に入りです(3段対照式なので、とても便利です)。また、警察に関係する法令集は、やはり紙の本で東京法令出版の「警察官実務六法」だったりします。

それ以外は、ほぼe-Gov法令検索です。e-Gov法令検索は、キーワード検索もできます。

2.法令等の調査の3点セット

法令等を調べるにあたって、条文を逐一丁寧に読んでいくことは当然ですが、その一方で法令等全体を俯瞰的に、あるいは機械的に調べたいこともあります。

私の場合は、e-Gov法令検索に加えて、法令等を調べるための3点セットがあります。

  • 法令API
  • 正規表現
  • テキストエディタ

法令APIを用いれば、ブラウザで見ている条文をxml形式で自分のパソコンに取り込むことができます。そして、パソコンに取り込んだxml形式の条文を正規表現を用いて自分の見たいように編集し、テキストエディタで眺めるのです。

正規表現はあまり馴染みのない言葉かもしれません。「正規表現」といわれる表現方法で、文字列のパターンを抽出することができる優れた仕組みです。

e-Gov法令検索は国の法令が収録されていますが、都道府県・市町村の条例を調べたければ、法令APIこそありませんが、インターネット上の例規集から条文をパソコンに取り込み、正規表現で加工して、テキストエディタで眺めます。

3.こんなことをして何の役に立つのか?

普通は、条文を一条ずつ丁寧に読みます。もちろん、各法令等の目次を参考にして、目的の条文に到達することもします。

でも、そのような読み方は、「この法律にこのようなことが書いてある」と知っていて、その内容を確認するための読み方であろうと思います。

有るか無いか未知の法令等に対して、検索キーワードの見当もつかない法令等に対しては、通用しにくい読み方だろうと思います。こういう場合は、パソコンのパワーを用いて、機械的にゴッソリと処理するのが得策だと思います。

たとえば、タイトルの「新規事業立ち上げの役にも立つかも・・・」ですが、何か新しいアイディアのビジネスを考えついたかもしれない場面で、あらゆる法令等をゴッソリと機械処理をして、その処理結果を眺めることで、そのアイディアに法令等の規制が有るのか無いのかなど、分かってくることがあるのではないかと思います。

4.ちょっと実例を

法令APIを使用する実例をご紹介します。
ひとつの例として、現在有効な国の憲法・法律・政令・勅令・府令・省令・規則の件数を調べてみます。

WEBブラウザで新しいタブを開いて、アドレスバーに「https://elaws.e-gov.go.jp/api/1/lawlists/1」と入力してエンターキーを押してみます。
xml形式で、法令名称・法令番号・公布年月日が表示されます。
表示された内容を「名前を付けてファイルに保存」等で、パソコンに取り込みます。
取り込んだファイルを「<LawName>」という文字列でgrep(指定された文字列を含む行を抽出するコマンド)してみると、現在有効な国の憲法・法律・政令・勅令・府令・省令・規則の件数は、8,452件と分かります。
ちなみに、この8,452件のリストですが、下10行のうち7行が「新型コロナウイルス」に関する法令でした。

5.宣伝です

最後に宣伝ですが、新規事業をお考えの方は、会社設立・許認可取得・取引先との契約に関すること・ビジネスのアイディアに関することなど、弊所にご相談ください。何かお役に立てるかもしれません。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

道路使用許可(道路占用許可を含む)の話し|建設業者さま向け

このエントリーは、小規模な建設業者様が足場を道路にはみ出して設置するための道路使用許可を申請する話しです。特にご自身で申請したい方に向けての内容になっています。

ひと口に「道路使用許可が欲しい」と言いますが、足場を道路にはみ出して設置するには、4つの許可が必要です。

  1. 道路で足場を組み立てる作業をするための警察署の許可
  2. 道路に組み立てた足場を置かせてもらうための道路管理者(=国、都道府県、市区町村)の許可
  3. 道路に組み立てた足場を置いておくための警察署の許可
  4. 道路で足場を解体する作業をするための警察署の許可

道路使用許可というと「警察署」のイメージですが、項2にある通り「道路管理者」の許可も必要です。

初めてご自身で許可をお取りになる場合、一番最初にするべきことは「工事現場の所在地を管轄している警察署の道路使用許可窓口に相談に行く」ことです。道路使用許可は、警察署によって多少取扱いが異なる場合があるので、工事現場を管轄する警察署がどのように取り扱ってくれるのか聞かなければなりません。警察署の窓口に行けば、その警察署の取り扱いも含めて、一連の手続き方法を親切に教えてもらえます。

例えば、

  • 警察署での道路使用許可の申請に先立って、道路管理者から道路占用許可をもらってくること。
  • 道路占用許可の申請は、道路管理者に申請書を提出する代わりに、警察署窓口でも受け付けてくれること。
  • 3つの道路使用許可(前出の項1・3・4)をまとめて取らせてもらえる場合があること。
  • 必要な添付書類に関すること。
  • 手数料や申請から許可までの日数に関すること。
  • 保安員(交通誘導員)に関すること。
  • 等々

実際に警察窓口に行ってみれば分かることですが、来訪者一人あたりの窓口対応時間は結構長いです。番号札を取って自分の順番を待つのですが、「まだかなぁ~」と思うこともあります。それくらい警察の窓口は、来訪者一人一人に時間をかけて親切に対応してくれますので、何も心配せずに警察窓口に行ってください。「窓口の親切さ」ということで言えば、道路占用許可を取るために行く道路管理者(市役所等)も親切に対応してくれます。

さて、少し話しを変えます。

ご自身で道路使用許可(道路占用許可を含む)を取ろうと思っていた方には、相当ハードルが下がったことであろうと思います。実際に警察署や道路管理者の案内通りに手続きすれば、難しいことはありません。

しかし、今このエントリーをお読みいただいているのは、従業員の少ない建設業者様のはずです。社長(個人事業主)ご自身も含め、限られた人員で建設現場の作業を実施している中で、警察署(市役所等も含む)に行くことに時間を割くのは辛いことだと思います。また、行くだけでは済まずに、窓口での案内(=指示)に従い、書類作成や関係者に連絡(たとえば、バス路線ならバス会社に連絡)など、時間はどんどん費やされていきます。

時間が割かれることが辛い場合は、行政書士に道路使用許可(道路占用許可を含む)の取得の代行・代理をご依頼ください。行政書士は有料ではありますが、社長(個人事業主)さまにとっては、経営的にプラスに働くと思います。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

古物商許可が失効する!?|令和2年3月31日までに届出が必要です

古物営業法の改正があり、令和2年4月1日から全面施行されます(平成30年4月25日官報号外92号法律第21号、令和元年11月22日官報号外166号政令165号)。

ここに、現在古物商を営んでいる方が気を付けなければならない条文があります。

附則 第2条第3項
この法律の施行前に第一項の規定による届出をした古物商又は古物市場主であって、この法律の施行の際現にこの法律による改正前の古物営業法(附則第四条において「旧法」という。 ) 第三条の規定による許可(次条において「旧法許可」という。 ) を受けているもの(当該届出をした日からこの法律の施行の日(次条において「施行日」という。 ) の前日までの間に当該届出の内容の全部又は一部について変更があった者を除く。) は、それぞれ、主たる営業所又は古物市場の所在地を管轄する公安委員会によるこの法律による改正後の古物営業法(附則第四条において「新法」という。 ) 第三条の規定による許可(次条において「新法許可」という。 ) を受けているものとみなす。

普通の言葉で言うと現在、古物商を営んでいる者は、届出をすれば法律改正後も許可が存続する。逆に言えば、届出をしないと許可が失効するとなります。

では、何を届出するのか?と言えば、主たる営業所です。

  • 営業所が2つ以上ある場合は主たる営業所を自分で決めて、主たる営業所を届出ます。
  • 営業所が1つしかない場合でも、その1つしかない営業所を主たる営業所として届出ることが必要になります。
  • また、2つ以上の都道府県から許可証を受けている場合には、令和2年3月31日までの主たる営業所の届出の他、令和2年4月1日以降1年以内にもう一度警察署に書類提出(旧許可証の添付が必要)があります。

重要なことなので、強調しておきます。

『今年の4月1日以降も引き続き古物商を営む方は、確実に届出を行ってください。』

届け出を怠り、許可を失効させてしまうと、最初から改めて許可を申請・取得しなおさなければなりません。

期限は令和2年3月31日です。

届出先は、主たる営業所の所在地の所轄警察署長です。

なお、ここまで古物商に特化したような書き方になっていましたが、古物市場の場合も事情は同じです。

さて、毎度の宣伝です。
弊所では主たる営業所の届出の代行を承ります。遅くとも令和2年3月15日までにはお申込みください(電話は平日、土日祝日とも19:00までOKです)。お申込みにあたっては、許可証と許可申請書(届出書を含む)の控えをご用意ください。報酬額(料金)は税込27,500円です。平日に警察署に行けない方は、ぜひご利用ください。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

個人名で取った許可は、その人が社長であっても会社の許可ではない、という話し

結構しばしばある間違いに、社長個人名義と会社(法人)名義を同一視している、というのがあります。

たとえば、こんな会話です。

個人事業のお客様:建設業許可が取れたら、さらなる飛躍のために会社(法人)を設立することを考えています。

私:でしたら建設業許可を取る前に会社設立をしましょう。

個人事業のお客様:えっ!?とりあえず建設業許可が欲しいです。建設業許可さえあれば、直ぐにでも大きい仕事を受注できそうだからです。

このブログをお読みいただいている方に、状況を少し説明します。

このお客様は個人事業で建設業を営んでいて、個人事業主としての個人の名前で建設業許可を申請しようとしています。建設業許可が取れれば業績も伸びるだろうから、許可を取った後は個人事業を止めて、法人として大きくやりたい、と言い出した場面です。

会話は続きます。

私:法人で建設業許可を取り直す必要があります。

お客様:ん?私が今許可を取って、私が社長になります。ダメなのでしょうか?

タイトルにあるとおり個人名で取った許可は、その人が社長であっても会社の許可ではないのです。個人事業主が個人の名前で取得した許可は個人事業主のものであり、その個人事業主が設立した法人であるからといって、法人が許可を持っていることにはなりません。法人は法人の名前で建設業許可を取り直す必要があります。

同じパターンですが、もう一つ紹介します。

風俗営業を営むお客様です。

開業して暫くは個人事業主として頑張って、経営が軌道に乗ったら法人化する計画が当初からあったそうです。このことは税理士さんにも相談してあり「法人成り」という説明を受けていたようです。

私:法人で風俗営業許可を取り直す必要があります。

お客様:えっ!?許可を取り直す間、営業できないじゃない!!

個人事業主名義の風俗営業許可は、あくまでも個人事業主のものであり、この個人事業主が設立した法人であっても、その法人が風俗営業許可を持っていることにはなりません。

このような間違いを防ぐために、許可・届出・登録などが必要な業種の方は、税理士さんや経営コンサルタントさんに相談に行く前か、または同時に、行政書士にもご相談ください。行政書士に相談していなかったために、上述の許可名義の問題以外にも、いろいろな問題が発生しています。

お客様が同業の仲間同士で許可・届出・登録について情報交換している場合もありますが、一般論としては正しい情報でも、個別の事情を抱えるお客様に適合する情報である保証はありません。ぜひ、行政書士にご相談ください。

最後になりますが、許可に関することで、ある経営者さんが私に向かって呟きました。

俺、スタートから間違ってたのかぁ。はぁ~(ため息)。

今回は以上です。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。